一条聖矢 / 愛をありがとう

一条聖矢、移籍第二弾として競作で話題となった故・中川博之氏の名曲のカバーを、長年の念願を果たしてリリース。 「ラブユー東京」「さそり座のおんな」他、数多くのムード歌謡作品を生み出し2014年に逝去した作曲家・中川博之氏が2009年、45周年記念曲「ソウル・愛ふたたび」のカップリングとしてリリース。2012年にメイン曲として再リリースした「愛をありがとう」は中川氏の三回忌の2016年に中川氏自身を含め、松原のぶえ、マヒナスターズ松平直樹&櫻井まり、北川大介、ジェロ、純烈、もりきこ等レコード会社の垣根を超えた”饗作(競作)”としてリリースされ、その後も多くの歌手によってカバーされ続けている作品。実はこの作品はそれ以前に別の詞が付いた楽曲として一度作られていたという。一条聖矢はデビュー前の修行時代に中川博之氏との出会いから「歌は優しく語りなさい」と教えをいただきながらこの曲をレパートリーに入れて歌っていた。その当時はまだこの作品を充分に歌えていなかったが、その後ずっと歌い続けているうちにファンの支持が高まり、それにつれて本人の中からいつか自分もCDとしてリリースしたいという気持ちが大きくなり、今回2016年の饗作のプロジェクト・スタッフ及び中川博之氏夫人で作詞家の高畠じゅん子氏の協力をいただき歌手デビュー20年の年に念願のカバー・リリースが実現した。 

こめっとチャンネル

こめっとチャンネルは、音楽情報サイトとしてYouTubeの共有「埋め込みコード」サービスを活用し情報発信をしており、随時、リサーチし最新情報をお届けしております。当サイトは非営利であり営利目的ではありません。サイトに掲載されている文章・画像・音声・写真等の著作権はレコード会社・プロダクション・制作会社・アーチィスト及びコンテンツ提供者に帰属します。更新は情報が入り次第、更新されます。