辰巳ゆうと / 下町純情

そのデビュー曲のタイトルは「下町純情」。文字通り、舞台は「下町」です。辰巳ゆうとがストリートライブを行なっていたのも東京の下町・・・「演歌歌手・辰巳ゆうとの物語」とも何やらシンクロするような詩の内容、そして昭和演歌のテイストもふんだんに、メジャー調のノリのいい作品となりました。

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチコピーに、17日に「下町純情」でデビューした演歌歌手・辰巳ゆうと(20)。大阪出身で現在、都内の大学に通う辰巳。歌手デビューに向けた修業として、昨年2月から「演歌のストリートライブ」を東京・赤羽、大塚、錦糸町など下町を中心に約80回にわたって行った。

9日に20歳の誕生日を迎えたばかりとあって、バースデーケーキをプレゼントされた。「僕は事務所の氷川きよしさんを尊敬していますので、氷川さんの背中を目指して頑張りたいと思います。氷川さんのコンサートは小さいころから見させていただき、ずっと憧れの存在です」と目標を定めている。

演歌が大好きな祖父母の影響で、幼いころから数々の演歌を覚え、歌ってきたそうで「祖父母はもちろん、家族や親戚が一丸となって応援してくれていますので、みんなの期待に応えたいですし、これからたくさんの皆さまに愛されるような演歌歌手になりたい」と張り切っていた。

こめっとチャンネル

こめっとチャンネルは、音楽情報サイトとしてYouTubeの共有「埋め込みコード」サービスを活用し情報発信をしており、随時、リサーチし最新情報をお届けしております。当サイトは非営利であり営利目的ではありません。サイトに掲載されている文章・画像・音声・写真等の著作権はレコード会社・プロダクション・制作会社・アーチィスト及びコンテンツ提供者に帰属します。更新は情報が入り次第、更新されます。