新譜情報

三陸海岸 / 愛の機織り 2019年5月15日発売。

別れをテーマにした切なくも哀しい王道演歌。続々とファンを増やし続けている新川が贈る第三弾は彼女の個性でもある、ハスキーボイスを生かす王道演歌です。

「三陸海岸」:失恋を癒すひとり旅。忘れ去ることが出来ずに未練が残る恋の旅。

「愛の機織り」:夢と希望を抱き、二人の明日を信じる恋演歌。

日本クラウン移籍第一弾!“東北の女神”天音さとみ参ります!

2019年4月、日本クラウン移籍第一弾となった東北の女神、天音さとみの5作目のオリジナルシングル「最上川愛歌」(もがみがわあいか)のプロモーションビデオです。日本三大急流の一つ、最上川。その川の広さ、激しさ、深さを、女性の一途な心情と重ね合わせた報われない恋の歌。これまでの明るいイメージの天音さとみから心機一転、色恋女心を歌う新たな一面をご覧ください。

清水まり子/おんな風林火山/母子手帳 2019年2月27日発売

清水まり子2019年第1弾!

独自の世界へと進む清水まり子3年ぶりのニューシングル!あの「雪哭き津軽」から、さらに進化した清水まり子の新曲が遂に完成!

山梨県甲府市「こうふ開府500年記念曲」として、清水が故郷山梨で活動する拠点として立ち上げた【清水家プロジェクト】が甲府市と共同で企画した作品。メロディアスでありながらテンポ感のある清水まり子らしい1曲。

松阪ゆうきの新曲「令和夢追い太鼓/遠い空」 2019年5月22日発売

“民謡育ち、音大卒のイケメン歌手”松阪ゆうき、徳間ジャパン移籍第2弾シングル!松阪ゆうきの原点である「民謡テイスト」を盛り込んだ新曲!!

確かな音楽的素養を下地に、定評ある歌唱力を存分に発揮した演歌タイプの作品。

カップリングには和太鼓をフューチャーした、表題曲同様の和風タイプの楽曲を収録。

松阪ゆうきの原点である“民謡~和”のテイストをベースに、定評ある歌唱とルックスで勝負します!

大沢桃子の新曲「懐郷/これからもごひいきに」 2019年5月15日発売

ふるさと(岩手県大船渡市)の復興を願い、歌を通して様々なな活動をしている大沢桃子。

表題曲では、故郷を懐かしく思う心を描いた作品。c/w曲では、コンサートやライブetc.で盛り上がるお座敷ソング風な作品となっております。

また今作は、初の試みとして初回限定盤のDVD付商品も発売。DVDには2018年10月浅草公会堂コンサートの一部(3曲予定)を収録します。さらに、収録曲2曲の日本舞踊振付(日本民踊研究会師範:山本豊知氏)も封入します。

大川栄策の新曲「未練なんだぜ/桟橋」 2019年4月10日発売

平成を締め括る大川演歌の傑作が登場!激しくも優しく、艶っぽく男の“未練心”を唄う

今作は平成の最後である4月に発売。歌手生活51年目、通算102枚目。平成17年の大ヒット曲「駅」を手掛けた たかたかし氏 を作詩に起用。作曲は大川栄策本人が“筑紫竜平”のペンネームで担当。別れた女を忘れられずに男泣きする“未練心”を、大川栄策が激しくも優しく、艶っぽく歌い上げた、正に“大川節”の魅力全開の決定盤です!カップリングには、平成20年のオリジナルアルバム「旅路」に収録された「桟橋」(作詩:たかたかし、作曲:市川昭介、編曲:佐伯亮)を収録。

原田悠里の新曲「萩しぐれ/二人の春」 2019年4月10日発売

切なくともあたたかい。原田悠里の真骨頂ともいうべき旅情演歌!

さまざまなジャンルの歌にチャレンジし最近では『ボヘミアン・ラプソディ』に感銘を受けたという原田悠里ですが、2019年春にお送りする勝負作は“これぞ原田悠里!”とでも言うべき旅情演歌です。彼女のヒット作「木曽路の女」「安曇野」「秋月の女」にも通じるような、切なくもあたたかい、聴いて良し・歌って良しの新曲です。ご期待ください。

大月みやこの新曲「せめてもう一度/港の見える部屋」 2019年4月24日発売

55周年記念、第三弾は大月みやこならではの切ない、“歌謡曲の世界”

「乱れ花」「愛にゆれて…」等に代表される切なくも覚え易いキャッチ―な歌謡曲、女性の心情を丁寧に描いた傑作です!益々磨きがかかるその歌唱、まさに進化が止まない“大月みやこの歌世界”、乞うご期待!

中村美律子の新曲「わすれ酒/仁吉の女房」 2019年4月24日発売

浪花の超ド演歌!美っちゃん節が炸裂します!

演歌を超えた超ド演歌。超コッテリなメジャーのメロディーライン。恋の傷あとひとりになった淋しさを唄いあげていますが、メロディーはたまらなく浪花の味、たこ焼きの香りがします。

池田輝郎の新曲「一世一代/瀬戸内ブルース」 2019年4月24日発売

閉鎖感を吹き飛ばす池田輝郎の歌声。男演歌の真骨頂。

「あした坂」や「男の意地」などの“男の人生応援歌”がカラオケファンに根強く支持されている池田輝郎ですが、今回の新曲はそういった“男演歌”の路線を更に進化させた楽曲になります。市井に生きる人々の思い・意地を民謡仕込みの美声でスケール豊かに描きます。2019年の勝負作。乞うご期待。

瀬口侑希の新曲「須磨の雨/恋の舟」&アルバム 2019年5月15日発売

瀬口侑希の20周年記念作品は、故郷神戸にほど近い「須磨海岸」が舞台。

白砂青松の名所である当地と、明石大橋でつながる淡路島を背景に、切ない女ごころを描いた作品となっております。作詩には、瀬口と初めての顔合わせとなる麻こよみ氏。作曲には、ヒット作「津軽の春」以来の水森英夫氏を起用。安定のマイナー演歌作品です。カップリングは、菅麻貴子氏の作詩による男と女を「舟」に見立てたメジャー演歌作品を収録。なお、当作品発売日の5月15日は、瀬口侑希の誕生日でもあります。

森山愛子の新曲「尾曳の渡し/喜連川」2019年5月8日発売

前作「会津追分」が、森山愛子としては初めてのご当地ソングとしてカラオケファンから火が付き大ヒットを記録しました。その記憶も新しい中で待望のニューシングル発売決定です。

前作「会津追分」の福島、長野に続くご当地ソング第二弾は群馬、栃木が舞台です。

1曲目は、「尾曳の渡し」(おびきのわたし)。ご当地ソングの有名曲が少ない群馬を舞台にした大人のラブソングでカラオケファンにはたまらない1曲となっています。

2曲目は「喜連川」(きつれがわ)森山の地元でもある栃木を舞台に女の未練をテーマにした作品に仕上がっています。

作家陣は前作「会津追分」に引き続き「作詞:麻こよみ 作曲:水森英夫」の黄金コンビの作品となっており、カラオケファン大注目の作品になること間違いなしです。

上杉香緒里の新曲「暗夜の恋/風の酒」2019年3月20日発売

上杉香緒里の真骨頂の王道演歌です!

2018年7月に復帰シングル「鬼灯」をリリース、新たな上杉香緒里としてメジャーワルツ調楽曲で爽やかに復帰した上杉香緒里の、本当の意味での復帰作になります。

作詞に城岡れい氏、作曲は徳久広司氏と、自身の代表曲「おんな酒」の作家陣で新たに挑む王道演歌になります。カラオケファン・演歌ファンに待望の上杉香緒里の歌声を届けます。

「暗夜の恋」のミュージックビデオを収録したDVD付きシングルも同時発売。

鏡五郎の新曲「長良川舟唄/五郎の人生百年桜」2019年3月27日発売

鏡五郎がやさしく語りかける艶唄!

流れゆく長良川の情景をたっぷりと盛り込んだしっとり演歌です。女ごころの切ない気持ちを細雪から夏の蝉しぐれへと季節の移り変わりを描いています。

(情報提供)  Music Shop楽園堂